こんにちは。お家づくりの体験談ブログの配信者です。

このホームページは新築で家を建てた方・新築の建売住宅を買った方・新築マンションを買った方・中古住宅をリフォームして買った方・自宅をリノベーションした方・自宅を建て替えた方・・・・。

住まいに関する全てのことを記事にしていこうと思っています。私自身も数年前に新築住宅を購入し、他の方はどんな風に家を建てているのか気になりこのサイトを始めるに至りました。

私が建てた時の知識をお伝えしていきます。

『ひとりよがりの設計士はプロでも何でもない』
契約が終わった後、設計に入ると思います。その時に大きく満足度を分ける要素があります。それは「説明がわかりやすい」ということです。当然設計士は毎日様々な家のプランを考えるプロ。年間に何件も設計しています。しかしこっちは一生に一度しかない買い物をするいわば素人。いくら本を読もうが、ネットで調べようが設計者には太刀打ち出来ません。そんな関係の中でお客様の立場に立って、同じ目線で意見を言ってくれる設計士は満足度が高いと思います。

『ちゃんと現場を管理しているか』
建設途中にトラブルや、問題が発生することは多いと思います。施工担当者は設計士から図面を渡されて、その通りに施工していきます。その現場管理の方とお客様がトラブルになるというのはあまりない傾向にあります。

しかし不快なトラブルになった原因の理由は「設計図面と異なる施工をされた」が最も多いです。現場を監理できておらず、このようなトラブルが続くとクレームになります。例えば、コンセントの位置を寝室だけ変えたのに、その通りに施工されていない。断熱材を変更したのに、変更前の材料が使われている。床のフローリングの色が違う。
これを防ぐには現場監督ともコミュニケーションを取ることが必要だと思います。時間が空いた時に現場を覗いたり、仕事終わりに現場を確認して違っていたら指摘するなども、お客には必要なのかなと思います。

PR
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
SEO講座
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
超SEO対策
SEOアクセスアップ相互リンク集
アフィリエイト相互リンク