家の新築の際、まず予算を重視しました。新築の際はあれもこれも備え付けたくなるし、いい材料も使いたくなりますが、無理な予算を組んでも支払いが出来なくなってしまえばどうしようもなくなります。その中で一つだけ、アパートに住んでいた時は戸の開け閉めが大変負担でした。新築する際は電動雨戸だけはつけたいと予算と兼ね合わせながら実現しました。予算に関しては、まず今後の年収を計算して無理のないように月々の返済金額を決めました。ボーナスはあてにならないので予算には組み込みませんでした。頭金と可能な返済金額を割り出してその後家の建築の具体的な内容を決めました。また電動雨戸も本来は全部の窓に付けたかったのですが、予算が合わず1階の大きな窓3か所に設置しました。これは自動で開閉の時間も設定できますし、防犯対策にも有効だと思います。なにしろ雨戸の開閉の負担が軽減したことは助かりました。知り合いに無理な支払いを組んで、あてにならないボーナス払いも入れて支払い不可能になってしまったケースもあります。事前にローンは充分に計画を組んで借り入れしたほうがいいと思います。私は瑞浪で一戸建てを新築しました。