新築でマイホームを建てたとしても、それがゴールではありませんから。一戸建て住宅は言ってしまえば「消耗品」です。住んでいる年月に合わせるように劣化してくものですし、それに生活をする月日が長ければ長いほどに消耗されていきますから。ですからドアのドアノブにしても、引き戸のレールを走る滑車にしても、使用する回数が増えていけば壊れることもあるのです。他にも壁紙然り、フローリング然り。使えば使うほどに消耗していきますからね。そしてだからこそ、家が完成したからといってそこがゴールだと思ってはいけないのです。家が完成したら住宅ローンの返済だって始まりますしね。けれども、住宅ローンだけを支払っていけばいいというものではありませんから。冒頭でも言いましたように、家が完成したら次は「修繕費の用意」をしておかなくてはなりません。なぜなら、住宅の建具もそうですけれど、「ちょっとしたもの」が意外と高額なものですからね。そしてまた、ちょっとした建具は消耗して壊れていくというものですから。ですからいずれは交換となりますので、その際に困らないように、次は修繕費をしっかり用意しておくことが大事なのです。私は瑞浪市の工務店で新築しました。その時に修繕費を教えてもらい大変助かりました。