たとえ、相場よりも比較的安い価格にて建売住宅を購入できたとしても、修繕費がなかなかキツかったりすることはよくあることです。というか実際に、後から出てくる修繕費がまるで「追い金」かのように、きついと感じるものであったりしますので。たとえば、ドアノブの故障による修繕費はトータルで約4万円することもありますからね。ハンドルに2万円、それにドア内部の仕掛けに2万円と、かなり手痛い修繕費となることもありますので。「たかだかハンドル」だとか、「ドアノブ程度」などと甘く見ていてはかなりの痛手となりますよ。こんな小さな部品でも送料込みの部品代だけで数万円しますので。そこを思えば工賃の数千円なんて可愛いものに思えるぐらいに。ですから思うことはと言えば、「建売住宅を購入する際は修繕費のことも頭に入れておいた方がいい」ということですね。リフォーム費用って決して安くはありませんから。部品代が数万円なことなんて珍しいことではないようですし。私は多治見市で一戸建てを新築しました。工務店の対応もよく快適に過ごせています。