土岐市で新築しました。私が家を新築した際に重要視したのは、家事の動線です。キッチン、脱衣所、洗濯機、室内・室外の物干し場を一階の一角に集中させて、家事を行う際に家中動かなくてもいいようにしました。更に消耗品や掃除道具などの配置を考えて収納を作りました。特に一階の脱衣所横に物干し場を持ってくるのは重要視しました。洗濯物をもって一階と二階を往復したくないですから。もともと老後のことを考えて、おばあさんになってから洗濯の時に一階と二階を上り下りするようになるのは嫌だったので、一階に物干し場!と考えていました。みんな歳をとってくると二階にすら昇らず、一階で生活をし始める。と自分の親含めた周りのお年寄りの方々からアドバイスをいただいたのと、最近の高断熱高気密の家は家の中が乾燥するというハウスメーカーの営業の話が決め手で脱衣所の隣に物干し場を設置することを決めました。実際使うようになって、使い勝手の良さを感じているので、長く住む家、毎日の動線を重要視したのは正解だったと思います。