断言しましょう。まあ私的な意見だと言えるかもしれませんが。それは「20代と30代、それに40代や50代と、年齢によって欲しい家は変わる!」ということです。要するに、20代の頃に思い描いていた「こんな家に住みたい」というものと、30代になってから思う「こんな一戸建てマイホームが良い」というイメージは変わるということです。若い頃は、おしゃれ感が満載のデザイナーズ的な住まいがいいと思っていても、30代となりますと「とにかく掃除がしやすい家!シンプルなやつ!」という考えにだって変わる人もいるのです。それに40代ともなれば、「大きな家よりコンパクトな家の方がいいな」という考えにもなったりしますからね。年齢や環境によって、「住みたい家」は変わるということなのです。それでは「じゃあ、どんな家に住めばいいんだ?」ということになるでしょう。持論ですが「何事も過剰すぎない家」がいいと思っています。オシャレな家にこだわりたくても、それなりに機能性も重視しないと、オシャレは我慢で乗り切れる年齢は一時だけだったりしますからね。その反対に、機能性を重視するあまり、好みでは無いインテリアになってしまっては、せっかくのマイホームなのに不満を抱えることになります。ですから何事も「適度なこと」が重要なのではないかなと思うわけです。「少しこだわる」程度が長く住む家には重要なのではないかと。私はそれを念頭に置いて勤務先にも近い可児市で住みやすい家を建てました。これまでの経験を通して今でも間違ってなかったと日々感じます。